FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒゲの一人言 その7 「考える子どもをつくろう!」・・・昨日のつづき・・・

昨日のつづきです・・・この「昨日のつづき」って言葉とても好きです。子ども達の遊びって、本当に集中して遊んでいると、次の日に続くんですね・・・子ども達の心の中には、しっかり残っていて次の日の朝、ワクワクして起きる、園に来る・・・子どもの特権です。ですから、本当は、園に来たらすぐにでも昨日のつづきの遊びの空間に行かせたいですね・・・だって、早く園に行きたいワクワク感を、その気持ちを尊重してあげたいですからね・・・

前置きが長くなりました・・・昨日のつづきで『考える子ども』・・・です。

1歳児から3歳児の前半まで、噛みつきや子ども同士の物の取り合いなど、先生達がどのように援助したら良いか・・・とっても悩む学年(年齢)ではないかと思います。保護者の方も同じかな・・・。でも、でもですね・・・子ども達にとってみたら、人間としてとても素敵な、大切な考えをたくさんしている年齢ではないでしょうか・・・人と人との関わりについて考えているんですから・・・。
自己主張をどんどんすることが許されている年齢・・・失敗が許される年齢・・・そんな環境の中で、生きていく上で自分だけでなく相手がいることを知っていく大切な時期なんですね。人間の一生の中で、本当に失敗が許される一瞬なんですね・・・。相手が、その失敗を振り返る(考える)ことを教えてくれる・・・己(自分自身)を考える貴重な時期なんです。相手の痛みを考えたり、相手の喜びを考えたりしながら、人と人との関わりの基本(思いやりや優しさ)を身につけていく大切な時期なんで
す。
この時期、失敗が許されなくて一斉的に大人の指示を受けながら育ってくる子ども達・・・少年から成人になった時・・・何か、怖さを感じますね・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大きなかたつむり

Author:大きなかたつむり
ちっちゃな子ども達と素敵な出会いをいっぱいしてきた白い髭の大きなかたつむりの一人言です。勝手なつぶやきにちょっぴり立ち止まっていただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Facebook
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。