FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かたつ夢里工房からの久しぶり落書き(一人言)・・・ 

 元気で、屈託のない笑顔の素敵な子ども達と先生達の声が聞けなくなって1ヶ月ちょっとになります・・・今はそれが一番寂しいです。
それに、3月末までは、子ども達との生活から生まれてきたことばを「大きなかたつむりの一人言」で保護者の方、先生達に呟いてきました・・・今は呟きたくても、誰につぶやいたらいいのか?・・・そんなことを思いながらこの私のブログに気づきました。本当に久しぶりになりますが、これからは「ひげの大きなかたつむりの一人言」をここで呟いていくことにしました・・・工房にての創作、乳幼児のあそびと学びなど・・・そんなことを呟いていきますので、この一人言を通して、いろいろな人と語るきっかけになれたら幸せに思います・・・よろしくお願いします。

 昨日、この本が届きました。

IMG_8092_convert_20180512205033.jpg 

 この3月まで、子ども達と何気なく過ごしてきたこと、子ども達にしてきたこと・・・そんな中に、見つめ直さなければいけないことがたくさんありました・・・とても考えさせられる内容でした。

IMG_8093_convert_20180512205523.jpg 

 私も、今まで、子ども達に鼻が出ていたら、気持ち悪いだろうと直ぐにティッシで鼻を拭いていました。子ども達は目の前に突然白い紙が現れ鼻をムギュッと拭かれたらどうでしょう?・・・鼻が出て気持ち悪いという気持ちを感じる前に拭かれてしまう・・・それ以上に恐怖心の方が先かもしれませんね。鼻を拭いてもらってスッキリしたという心地よさを子ども達は感じませんね・・・そして、気持ち悪いから自分で拭こうという生活習慣も育ちません。
 何気ない行為ですが、そこに私たちが気付けば、当然拭く前に、子ども達に「お鼻が出ているよ!気持ち悪いよね。今拭いてあげるね・・・」の言葉が生まれてくると思います。そんな言葉から先生との信頼関係も生まれてきます。

IMG_8094_convert_20180512205554.jpg
 
 この本を読んでみようと思ったもう一つに、このような取り組みを、足立区の教育委員会が実践してることです。小学校以降の学びにつながる乳幼児教育の大切さは十分にわかっているつもりですが、教育委員会が具体的にこのような乳児の生活を通して実践をしていることに、民間(私立)で実践してきた私にとって驚きと嬉しさを感じました・・・。
 ちょっとした気づきと意識を変えるだけで子ども達の自主的な学びが具体化される・・・そんなことの大切さをとても考えさせられる一冊でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大きなかたつむり

Author:大きなかたつむり
ちっちゃな子ども達と素敵な出会いをいっぱいしてきた白い髭の大きなかたつむりの一人言です。勝手なつぶやきにちょっぴり立ち止まっていただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Facebook
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。