FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工房らくがき帳31p【名無しの作品展・・・】

絵のコーナーで生まれた線や形をどのように紹介するの・・・
各園によって違うと思いますが、私は描いたらすぐに出来るだけ多くの絵を掲示してあげる。そして、その中から何点か他の子ども達に見せたいと思うものをピックアップして額等にいれ壁面(出来るだけ子どもの目線に)掲示する。
・・・このような形で紹介することを提案してきました。
このことを5歳児の担任Nさんは工夫して実践しています。
IMG_2840_convert_20121206151159.jpg
Nさんは乾いたらすぐに掲示できるようなコーナーを作っています。工夫していますね!簡単に飾れるようにかわいい洗濯バサミを使っています。
IMG_2861_convert_20121207130129.jpg

次の日には、これらの中からNさんがピックアップした作品を額にいれ掲示しています。
どういうものをピックアップしていいのか分からないって言っていたNさんに、もしかしたら、
『なんだか微笑んでしまうようなもの・・・』とか『自分はこれが好きだな!』という作品を見つけたらと言うと、
「あっ!そうか!」と、・・・
IMG_2843_convert_20121207130235.jpg
IMG_2822_convert_20121206151116.jpg
いいですね・・・最初の掲示は、自分の作品を掲示してくれたんだという子どもの気持ちを大切にし、次の掲示は、子ども達の目にとめたい(この線や形を知らせたい)という鑑賞的なものを大切にしています。
この様な掲示を私は『名無しの作品展』と呼んでいます。子どもの作品が次の作品を生み出してくれます・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大きなかたつむり

Author:大きなかたつむり
ちっちゃな子ども達と素敵な出会いをいっぱいしてきた白い髭の大きなかたつむりの一人言です。勝手なつぶやきにちょっぴり立ち止まっていただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Facebook
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。