FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は小学校の6年生の親子レクに行ってきました。83組の親子での陶芸体験でマグカップと鉢カバー造りを楽しんできました。さすがに6年生ですね、成形が始まるとお母さんやお父さんよりも手が動いていました。このように成形も大切な活動ですが一緒に造りながら生まれてくる親子の会話がとても微笑ましかったです。もしかしたら、今日の親子体験は、この子たちの人生で最初で最後かも・・・。
IMG_5535_convert_20120620222332.jpg
IMG_5544_convert_20120620222441.jpg
1時間余りの活動でしたが、親子の絆のすばらしさをたくさん感じることができました。かたつ夢里窯で焼成したら作品を紹介します。
スポンサーサイト
 レリーフを造った同じ子ども達(5歳児)のちっちゃな指からこんな『表情』も生まれています・・・。
IMG_0455_convert_20120525083238.jpg
IMG_0532_convert_20120525083709.jpg
IMG_0535_convert_20120525082925.jpg
 絵付けをして透明釉をかけていますが、成形をしている時は灰色の土の状態ですから・・・魔法の指です。
 先週の土曜日、この3月に卒園した子ども達が集まりました。そのイベントの一つに私と一緒に造った卒園製作を園舎の一部にすることがあります。今年は、各グループで園での生活の思い出を残そうと話し合いレリーフを造りました。テラコッタの素焼き粘土で焼成したものを板に張り付けそれを『何気なく園舎の一部に』・・・多分何気なく園舎の一部になったと思います。IMG_1002_convert_20120609220900.jpg
IMG_1003_convert_20120609221045.jpg
IMG_1004_convert_20120609221148.jpg
 その中でも私が一番好きなのは、あるグループが「お泊り保育』を造りたいということになり、お泊り保育の何を造ったらいいのだろう?子ども達は悩んだあげく、みんなと一緒に寝ているところ・・・よく見てください。横に布団が横たわっています。なんだかこのレリーフを見ていると「なかま」を感じます。
IMG_1006_convert_20120609221251.jpg

 昨年の卒園児は、同じ粘土でトーテンポールを造りました。玄関の脇でしっかり『何気なく園舎の一部に』なっています。しかも、1年間の風化も少し見られます。このトーテンポールを造った子ども達が高校生になる頃にはおそらく苔も生えてもっと・・・らしくなります。その時、子ども達は一人一人名前を見つけてはきっと「育ち」を感じるでしょう。
IMG_1015_convert_20120609221402.jpg
IMG_1017_convert_20120609221448.jpg


プロフィール

大きなかたつむり

Author:大きなかたつむり
ちっちゃな子ども達と素敵な出会いをいっぱいしてきた白い髭の大きなかたつむりの一人言です。勝手なつぶやきにちょっぴり立ち止まっていただけたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Facebook
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。